株式会社ビルシステム

マンション管理・ビル管理・不動産事業・マンションアクアインテリアのビルシステム

  • HOME
  • 会社概要
  • 採用情報
  • ご意見・お問合せ
建物改修工事

建物改修工事

  長期修繕工事  建物調査診断  大規模修繕工事

マンション・ビルの健康管理に私たちの技術と経験を活かします。

長期修繕計画

≪長期修繕計画の必要性≫
新築時、或いは入居したばかりの時は、美しさや住み易さが年月の経過と共に劣えて行くなどとは考えづらいものです。
しかしながら、劣化は確実に進行して行きます。
各所は経年により劣化し、耐用年数が過ぎる頃から様々な症状が現れてきます。(漏水、汚れ、管の詰りなど)
この様な症状を未然に防ぎ健康で快適な住環境を維持して行くために必要なのが長期修繕計画です。
修繕工事の周期、それに伴う費用の現時点での見通しを立てることにより10~30年の間で修繕積立金のプランや各部位の調査診断の時期の設定が見えて来ます。

≪標準的修繕周期≫修繕計画
●屋上(屋根)防水・・・・・・・・・・・①露出10年~ ②押えコンクリート15年~
                              (防水保証期間は10年間が多い)
●外壁、天井等改修塗替・・・・・・・・・・10~15年
●バルコニー、開放廊下防水・・・・・・・・10~15年
●サッシ回り、外壁目地シーリング改修・・・10~15年
(5年経過後位から劣化が始まるケースも有る)
●鉄骨階段等鉄部改修、塗替・・・・・・・・3~6年
●舗装改修・・・・・・・・・・・・・・・・15~25年
●遊具等工作物改修・・・・・・・・・・・・15~25年
●給水設備更正、更新・・・・・・・・・・・18~25年(管のライニング、交換など)
●消化設備取替・・・・・・・・・・・・・・18~25年
●雑排水設備取替・・・・・・・・・・・・・18~25年(住戸内、屋外雑排水管など)
●ガス設備取替・・・・・・・・・・・・・・①埋設ガス管12~25年
                     ②住棟内共用ガス管20~35年
● エレベーター設備取替・・・・・・・・・・20~30年

建物調査・診断

≪調査・診断の意義≫
調査し、診断すると言うことは、維持保全、改良のために建築物(躯体、仕上げ、設備)の全体又は一部の現在の状態を測定し、把握することにより、その程度を評価・判断して将来の影響を予測するとともに、必要な対策を立案すると言うことです。

≪診断の種類と内容≫
●劣化診断・・・屋上(屋根)、バルコニー、外壁等の各部位。部材・機器の劣化状況
●安全診断・・・外壁の落下防止や防災システムの機能・性能及び機器・部品の安全性
●環境診断・・・照明・振動・悪臭・騒音等の環境的要素と快適性
 この他に、省エネ、耐震、システム機能診断が揚げられます。

≪診断項目と診断方法≫
診断方法は材料・部位により異なりますが、それぞれに合った方法で、防水、外壁躯体(コンクリート)とタイル張り、外壁塗装、金属部、開口部(サッシ回りなど)、内装、設備等の区分に従って行います。

≪調査・診断の実施時期≫
修繕周期より早く発生した漏水等の事故は別として、通常は防水等も含め保証期間の切れる直前
(1~2年前)、或いは長期修繕計画に則り、その時期に実施します。
 範囲、内容、グレードにより有料、無料のケースがありますが、一般的に改修工事に精通した会社、或いは、設計監理会社に依頼することが適当と考えられます。

大規模修繕工事

≪大規模修繕工事の必要性≫
マンション・ビルを長期にわたって快適に、安全に、便利に居住しうる状態を維持し、その資産価値を保つことが維持保全大規模修繕工事計画の目的であり、常に住み心地良く長持ちさせるために維持管理が必要です。
 経年により劣化して行くとこはやむを得ないことですが、それに対応するために周期的に必要なのが計画修繕であり、時間の経過その他により痛んだ屋上(屋根)や外壁、設備等の各部位を現状または実用上支障のない状態までに性能・機能を回復させ、さらに改良(グレードアップ)を加味するために必要なのが大規模修繕です。

≪大規模修繕までの標準的流れ≫

 長期修繕計画の策定  
 事前の調査・診断 修繕委員会の設置
 評価・判断 設計・監理会社、修繕委員会
 理事会開催 修繕委員会より報告、方向性決定。施工業者選定後見積り依頼。
 居住者説明会  経過報告、費用負担(積立金の過不足)確認
 理事会開催  施工業者ヒアリング。施工業者の絞り込み
 臨時総会 費用負担の決定(修繕積立金の範囲内か借り入れが必要か)      大規模修繕工事の決定。施工業者の決定。
 大規模修繕工事実施  

◆以上、大まかにご案内して参りましたが快適で安全な住環境を創造して行く主体は、当然のことながら居住者(区分所有者等)の皆様であり、マンションであれば管理組合です!!
 役割や計画立案などご苦労も大きい訳ですが、私達がその一助となれば!と考えております。
 皆様の利益を第一に考え、快適で安全なマンション(ビル)ライフをご提案して参ります!!!


お問い合わせ先

株式会社ビルシステム  リニューアル事業本部
(電話番号) 045-222-9445
(FAX 番号) 045-641-1301